黄色に合う色&組み合わせ:コーディネートとデザイン

黄色に合う色
この記事は約8分で読めます。

黄色」という色は、明るくて元気なイメージがありますよね。

黄色は好きだけどなかなか取り入れにくい色だな、と感じる方のために「黄色に合う色」を調べてみました。

色相環をもとに、黄色似合う色や服のコーディネート黄色に合う組み合わせデザインを紹介していきます。

黄色はどんな色?

黄色は明るい印象を持たせたり、注意を促す道路標識や値段のPOPなどにもよく使われます。

色相環を参考に、黄色とはどんな色なのか分析していきます。

黄色の属性

黄色暖色の仲間であり、あたたかさを感じる色。

またシアンマゼンタブラックと合わせてCMYKと呼ばれ、「色の3原色」の1つです。

黄色の補色・反対色

色相環の反対側にある色は補色と呼ばれます。

黄色の補色は青紫で、補色同士は相性がいい反面、主張が強すぎてしまう特徴もあります。

また補色の左右に位置する反対色として位置付けられ、補色と同様に相性は良いとされます。

黄色の類似色

色相環の隣同士に位置する色は類似色と呼ばれます。

黄色の類似色であるオレンジは、黄色と馴染みやすく、合わせると落ち着いた配色になりやすいです。

黄色のイメージ

明るい・楽しい・快活・希望・注意・未熟・輝き・子ども・幸運

黄色の仲間

黄色という色は一言では言い表せないほど、たくさんの色を保有しています。

白を混ぜたクリーム色・黒を混ぜたオリーブ色・オレンジを帯びた山吹色など、様々な色が黄色の仲間になります。

どの色も黄色の要素とイメージを持っています。

黄色×コーディネート

フレッシュなイメージのある黄色は、春夏ファッションに取り入れるとさわやかさが増します。

辛子色のような落ち着いた黄色なら、秋冬ファッションにも取り入れやすい便利な色です。

黄色は主張が強い色なので、一緒に合わせる色は彩度の低い色か、同程度の明度のものを選ぶとまとまりやすいです。

黄色 × 黒(イエロー × ブラック)

黒は無彩色なので、黄色にもよく合います。

ポップなビタミンカラーの黄色も、黒の引き締め効果でモード系になります。

黄色 × 灰色(イエロー × グレー)

グレーは、明るい黄色を落ち着かせてくれる色です。

ハンサムスタイリッシュな配色にしてくれます。

黄色 × 白茶(イエロー × ベージュ)

ベージュは黄色の同系色~類似色の色同士なので、まとまりのある印象を作ることができます。

黄色を上品に仕上げたいときに使えるコーデ。

黄色 × 白(イエロー × ホワイト)

どんな色とでも合う白は、黄色の魅力を最大限に活かすことができる色。

清楚な白が加わることで、フレッシュな黄色も一気に清純派に。

黄色 × 茶(イエロー × ブラウン)

茶色は黄色と色相が近いので、とても相性のいい色といえます。

大人なカラーである茶色を、明るい黄色がかわいらしく仕上げてくれます。

黄色 × 赤(イエロー × レッド)

赤と黄色は共に注意を引く色として使われる色なので、どちらも主張が強い色です。

赤をボルドーのような濃い色にするか、黄色を深みのある色にすることで、バランスよく着こなすことができます。

黄色 × 青(イエロー × ブルー)

黄色と青は補色の関係にあるため、メリハリのあるアクティブな印象になります。

青よりも薄い水色を合わせると、夏らしさを感じるさわやかコーデに。

黄色 × 紺(イエロー × ネイビー)

青と同じく反対色であるネイビーは、黄色にとてもよく合います。

青よりも大人っぽい印象にすることができ、黒よりもかわいらしさを感じられる配色です。

黄色 × 紫(イエロー × パープル)

紫と黄色は色相差が強いので、少し派手なイメージになります。

無彩色を取り入れると、よりエレガントな印象を作ることができます。

黄色 × 桃(イエロー × ピンク)

ピンクは女性らしいイメージの色なので、黄色と合わせるとかわいい雰囲気になります。

明るい色で子供っぽさが出てしまう場合は、くすみカラーを使うといいでしょう。

黄色 × 深緑(イエロー × カーキ)

カーキはカジュアルな雰囲気を出したいときに使いやすい色です。

渋めなカーキに黄色が明るさをプラスしてくれるので、かっこいい×かわいいコーデが完成。

黄色 × 緑(イエロー × グリーン)

黄色と緑は類似色であり、どちらも中性的な色なので相性は抜群です。

ビタミンカラーなのでポップな印象になりがちですが、他の人と差がつくハイセンスなコーディネートです。

黄色 × デザイン × 2色

黄色の2色配色は、黄色の印象が強く感じられます。

どの色と合わせても、黄色の明るいイメージを与えることができます。

彩度の高い色を選べばインパクトのある印象彩度の低い色を選べば落ち着いた印象になります。

黄色 × 無彩色

黄色に無彩色を合わせると、暖色の黄色を少しクールにしてくれます。

黒と黄色は警告をイメージさせる色合いなので、注目してほしいときの配色に使います。

灰色は黄色の主張の強さを和らげつつ、スタイリッシュに。

白は黄色の印象をより強調しますので、黄色を引き立てたいときに最適です。

黄色 × 同系色

黄色と同系色の配色は、彩度によってかなり印象が変わってきます。

彩度の高い色を使えば、明るくて元気なイメージに。

くすんだ色を使うと、地味な印象になります。

黄色 × 類似色

黄色に類似色を合わせると、フレッシュなフルーツのようなイメージを演出できます。

オレンジを合わせると、フルーティおいしそうな配色。

緑を合わせると、健康的若々しさを感じられる配色に。

黄色 × 反対色

反対色・補色を合わせるとコントラストが強く、はっきりとした配色になります。

強い印象を与えたいときに使える色合いです。

ハレーション(色の境目がチカチカすること)を起こさないように注意。

黄色 × 赤 / 黄色 × 青

少し色みは異なりますが、一般的に三原色と言われる色との組み合わせです。

青は黄色を目立たせたいときに使うと、よりくっきりと色を感じられます。

赤はインパクトのある印象にしたいときに使われます。

黄色 × デザイン × 3色

黄色の3色配色は、黄色のイメージをバランスよく引き出すことができます。

黄色 × 無彩色 × 有彩色

黄色と無彩色が入っている配色です。

黄色 × 黒 × 有彩色

黒を合わせると黄色の印象をより引き立てて、力強い配色になります。

黒以外の色をはっきりとさせたいときに有効的。

黄色 × 灰 × 有彩色

灰色を合わせると、黄色の強い印象を和らげてくれます。

ハレーションを起こしそうな色合いを使っても、灰色を差し色にすればやわらかく仕上がります。

無機質な機械っぽさを演出したいときにも使えます。

黄色 × 白 × 有彩色

白を入れた配色は、さわやかな印象になります。

黒やグレーよりもシンプルに仕上げることができ、黄色が引き立ちます。

黄色 × 有彩色

黄色と有彩色を使った配色です。

黄色 × 同系色

黄色と、同系色を使った配色。

トーンを変えることで、様々な印象にかえることができます。

デザインに統一感が生まれ、より黄色を強く感じられます。

黄色 × 類似色

類似色で配色をすると、馴染みやすく、合わせやすいです。

オレンジを入れると、暖色が増えるので、あたたかい印象に。

緑を入れると、ナチュラルなイメージになります。

黄色 × 色の三原色

色の三原色(トライアド配色)にすると、バランスのよい配色になります。

黄色以外のトーンを変更すると、雰囲気がガラッと変わります。

どの色も主張が強いので、黄色を目立たせたい場合は他の色のトーンを抑えます。

黄色 × マルチカラー

黄色とカラフルな色を使った配色です。

マルチカラーで配色すると、それぞれの色の主張が強くなります。

色の持つイメージを考慮して配色すると、作りたい印象に近づけることができます。

色別の配色におすすめの本

キーカラーは決めたけど、あとの配色はどうしよう?

そんなときにおすすめなのがこちらの本。

色別にパッと見てセンスのいい配色を教えてくれるから、欲しいイメージが見つかること間違いなし!

他の色

まとめ

黄色」という色について深掘りしてみました。

カラフルな印象になりやすい、かわいい色ですよね。

割と脇役になりやすい色ですが、メインの色にすると他との差別化ができて強い印象を持たせることができる一面もあります。

色を上手く使いこなして、コーディネートやデザインに活かしていけたらと思います。

黄色以外の色も随時更新予定ですので、お楽しみに。

コメント